Youtuberとして成功するには、徐々にファンを獲得していく必要があります。 そのためには、チャンネル登録者数が少ない段階においても、多くの人に見てもらうということが重要なのです。 そのときに意識すべきなのは、動画を投稿する時間帯になります。 動画を投稿する時間帯というのは、意識していない人も結構いるのではないでしょうか? Youtuberとしては動画投稿をする時間帯というのは重要で、特にチャンネル登録者数が少ない人については、そこを工夫していきましょう。 知名度が高いYoutuber、チャンネル登録者数が非常に多いYoutuberならば、人が多くいる時間を狙うのが良いでしょう。 要するに、Youtubeを多くが利用している時間ということで、夜の時間帯になります。 19~21時の間あたりが特におすすめであると言えると思います。 しかし、チャンネル登録者数が少ない、人気のないYoutuberの場合には、その時間に投稿することはリスクが大きいです。 人が多くいる時間帯は、投稿される動画の数が無茶苦茶多いのです。 そうなると、その中に自分の動画が埋もれてしまうことになるでしょう。 チャンネル登録者数が多いケースでは、そもそもチャンネル登録している人たちのYoutubeの画面に新規投稿された動画がちゃんと表示されるので、動画が多く投稿される時間帯に投稿しても特に問題はありません。 しかし、チャンネル登録者数が少ない人たちの場合には、新規のチャンネル登録者数の獲得が重要ですから、チャンネル登録をしていない人に多く見てもらう必要があるため、埋もれてしまうのは問題なのです。 だから、動画を投稿する時間帯というのはきちんと考えていかないといけないのですが、できるだけ動画が多く投稿されない時間帯を狙うというのも1つの手です。 動画が投稿されにくい時間帯というのは、Youtubeを利用している人が少ない時間帯でもあるものの、多くの人が自分の動画に気付いてくれるというチャンスでもあるので、意外と有効な時間帯であると言えます。 例えば、午前中とか、昼間といった時間帯にあえて投稿していくというのも有効なので、Youtuberをやっているがイマイチチャンネル登録者数が伸びないという人は、そういった部分で工夫をしていくと良いのではないでしょうか? 他人と同じことをやっていてもなかなかうまくいきませんから、そういったところで違いを見出すというのは、ちゃんと知っておくと良いと思います。