一口に単発・短期の副業といっても、いろいろな物があります。 一つ目は、「Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員」。 想定報酬は時給1,000円前後で、勤務時間の定めはありません。 Uber Eats配達員とは、顧客がスマホから注文した料理を、お店に代わって届けるという物です。 この仕事のよい所は、シフトを自分で決められるということです。 Uber Eats自体のサービス提供時間は、例えば渋谷区であれば9時~24時と決まっていますが、その時間内ならいつでも好きな時間に働けます。 二つ目は、「イベントスタッフ」。 想定報酬は日給8,000円~1万円、勤務時間は8時間程度。 イベントスタッフとは、いろいろなイベントの補助を行うという物です。 仕事内容は、「グッズ販売」「会場設営」「来客誘導」「受付」「商品のPR」など、多岐に亘ります。 とはいえ、いずれの作業も簡単な物が多いので、未経験であってもすぐに働くことが可能です。 三つ目は、「引っ越し手伝い」。 想定報酬は日給8,000円~1万5,000円、勤務時間は8~10時間程度。 引っ越し手伝いは、体力に自信があって時間がとれる人にはおすすめの副業です。 短期の副業の中でも報酬が高いですし、顧客からご祝儀を貰えることもあるからです。 四つ目は、「治験」。 想定報酬は日給1万円~3万円、勤務時間は内容によります。 治験とは、新しい薬の有用性を調査するための被験者となるという物です。 勤務時間は、薬によって変わってくるので一概にはいえないのですが、通院しながら投薬をするという場合は2~5時間くらいと考えておいてください。 入院する場合は1泊2日から1ヵ月と幅があるので、本業に支障が出ないよう事前に確認しておきましょう。 五つ目は、「試験監督」。 想定報酬は時給1,000円~1,500円、勤務時間は内容によります。 試験監督は、疲労を次の日に持ち越したくないという人にうってつけの副業です。 「試験会場の設営」「受験者の誘導」「試験概要の説明」「答案の配布および回収」「試験中の見回り」が主となるので、体力を使う時間がほとんどないからです。 六つ目は、「リゾートバイト」。 想定報酬は時給1,000円前後、勤務時間は8時間程度。 これは番外編ともいえますが、年末年始やゴールデンウィークといった長期の休暇を有効に活用したいという人におすすめです。 住み込みで働くので食費などが全く発生しないため、がっつりお金を貯めることができます。